二子玉川 フレンチ ワイン ヴィエス

トップ > 過去のお知らせ > 2009年1月
二子玉川 フレンチ ワイン ヴィエスのメイン画像

過去のお知らせ

1月28日(水)

今日は、この季節にピッタリのボリューム満点で
身体の芯から温まる料理をご紹介します。

「ヴィエスのエゾ鹿シュークルート」(一人前2310円)

ご存知シュークルートは、ソーセージ等の付け合せに
チョコッと添えられる事が多いキャベツの酢漬け。

このキャベツと肉(主にソーセージやベーコンなどの加工肉)を
一緒に煮込んだ料理がビストロ料理にあるんです。

来週この料理を楽しむ会でも開こうかなと思っていた矢先、
昨日、仲の良いシェフと電話で話していた時に
そんな話題が出てきて「この時季良いよねぇ」なんて話になったので
一週間早くヴィエスでもやってみる事にしました。
(過去一度やったんですけど何時か覚えていない)

ヴィエスのシュークルートは「野菜のマリネ」のピクルス液を使って
キャベツを煮込むので
旨味とコクがあり、しつこい酸っぱさが
無いのが特徴。ナンボでも食べれるぞ!ッて感じの酢漬けです。

これに少しだけコンソメを加えブツ切りにしたパルマの生ハム
(コレを入れると一層スープに旨味が出ます)、エゾ鹿の腸詰(2種)や
軽く塩漬けにしボイルしたエゾ鹿肉を加え煮込んでいき、素材に
充分火が通ったら具材(キャベツと肉)だけ取り出し皿に盛り付けます。

熱々で美味しいですよ。
是非ご賞味下さい。

コレだけでは有りません!
二人前以上でご注文頂ければ、ガラスのココット鍋にいれ
トリュフを加えてこの料理を蒸し上げてからご提供する大サービス付きです。

今日のランチタイムにトリュフコースをご予約頂いたお客様がいらっしゃったのでサービスの心算でこのスタイルでご提供したところ大喜びして下さいました。

フレッシュトリュフは蒸す事でより一層香りが経ちます。

鍋の蓋を開けた時に「フワ~~~ッ」と蒸れたトリュフと素材の香りが
絡み合いながら経ち昇ります

極上の一時をお楽しみ下さい。

トリュフの様な高級素材ばかりでは有りません。
前回お知らせした太郎君の紅大根ピクルスも甘味があり美味しい仕上がりです。483円で買える贅沢も有りますから是非、お試しを。

no picture
エゾ鹿のシュークルート(写真は2人前 トリュフサービス付き)

▲このページのトップへ戻る

1月22日(木)

紅大根のピクルス

友人の井上太郎君の野菜を使った前菜です。

「紅大根のピクルス」

如何です。綺麗なピンク色でしょう。
お酢でマリネする事によりこの大根の持つ自然の色素が
全体に廻り綺麗な色に染まります。
(写真より実物の方が本当に綺麗です)

こうなったら既に食べ頃!
是非、最初のお摘みにご賞味下さい。

▲このページのトップへ戻る

1月15日

今週の食べ頃料理は、何といっても前回最後に告知致しました「仔羊マリネのオーブン焼き」です。
好い具合に漬かりました。ホント旨いです。

そして食べ頃の肉料理はもう一品あります。
「山形産金華豚の熟成ロースト」ラップをせずに冷蔵庫の中で余分な水分を飛ばしながら熟成させた豚肉です。水分を飛ばす事で肉の味わいが締まり旨さが引立ちます。

その他、数量限定ですが野菜料理も。
松本さんの「無農薬ホウレン草のサラダ」「ブロッコリーサラダ」も有りますし、「松本さんの青首大根のぺペロンチーノ」なんていうチョッとした前菜もなかなかお薦めです。

年末から嵌っているコラーゲンをたっぷり含んだ「エゾ鹿のふくらはぎ」も捨てがたいです。まだご賞味になられていない方は是非一度お試しあれ。

そうそうハウスワインの白に新たな1本が加わりました
捜し求めて4年何ヶ月ぶりのヒット。
ハウスワイン(2940円税込)ですから、決してシャンデリアの下で
何年に一回のハレの日に飲む様な高級感は当然ありません(笑)が、デイリーに楽しむには味もお値段も絶対にご納得頂けるワインです。
安くても旨い白ワインは、二枚看板になりましたので楽しさ美味しさも倍増して下さい。

最後にこの時期から約一ヶ月間がトリュフが一番美味しいと云われているんですよ。ご存知の通りヴィエスでは、毎週トリュフを入荷していますから何時でも新鮮なフレッシュトリュフが楽しめます。常識外れにバンバン使います。
でも調子に乗って使い過ぎ、請求書を見ると毎回気絶しそうです(笑)。でも見栄っ張りですから止めれません(大笑)。
是非、贅沢な一時を今週もヴィエスでお過ごし下さい。
お待ちしております。

▲このページのトップへ戻る

1月9日

本日からの早い者勝ちお薦め料理をご案内致します

一品目は、「絶品トマトのピクルス」です。
正月明けに最高の状態でお楽しみ頂ける様にと
年末に仕込んでおいたトマトが15個。

絶品どころか超絶品!まさに究極の最高状態ですから
今回は料理名を変更です。
「只者じゃない究極トマトのピクルス」を是非。

二品目は、「松本さんのブロッコリーサラダ」です。
年末にも餅と一緒に届けてくれたのですが、
何故か正月明けにブロッコリーだけ沢山送ってくれました
松本さんちのブロッコリーは、ホント旨いです。

その旨さを十分堪能してもらいたいので1分半ボイルしただけで水分を切り冷蔵庫で冷ましておき、オーダー時にヴィエスの特性ドレッシングで和えただけですがコレが絶対旨い!
ウチの娘お薦めのブロッコリーの食べ方で是非

三品目は、今オーブンの中に入っている「キッシュ」です
今回のキッシュは、どんな中身かと云うと…。
芯を抜き半分にカットした沢山のガーリックで飴色になるまでソテーし甘さを充分引き出したオニオン。ソテー後、ブツ切りにしたフランス産のセップ茸(ポルチーノ)を加え、熟成のシェリー酒を注ぎプランベし更にソテーして具材の味を調和させ旨味を引き出したモノです。

それに卵と生クリームは当然ながら、たっぷりのパルマゼンチーズを溶かし込みながら混ぜ合わせ、型に入れたパイ生地に流し込み粗挽きの黒胡椒を沢山掛けて焼き上げます。

黒胡椒の香りにセップ&ガーリックの香りプラス
オニオンの甘味を伴ったキャラメルの様な香りが溶け合い、ナンとも云えない食欲をそそる匂いが店内中に経ち込めています。
ヴィエスのキッシュの美味しさは既にご承知の通り
「ガーリックとセップ茸のオニオンキッシュ 黒胡椒風味」を是非ご賞味下さい。

上記の料理は、近日中であればご予約も承ります。
是非、ご連絡下さいませ。なお全て数量限定なので無くなり次第、終了となりますので宜しくお願い致します。

最後に来週の予告。
明日、仔羊マリネを仕込むので火曜日か水曜日以降からが食べ頃になりますよ。

▲このページのトップへ戻る