二子玉川 フレンチ ワイン ヴィエス

トップ > 過去のお知らせ > 2011年1~2月
二子玉川 フレンチ ワイン ヴィエスのメイン画像

過去のお知らせ

トリュフと生ハムのパスタキッシュ

そろそろ今シーズンのフレッシュトリュフを使える時季も終了なので、最後にとってもとっても贅沢な「トリュフと生ハムのパスタキッシュ」を焼き上げました。

一台焼くのに使用した形の好い大粒トリュフはなんと1つで50グラムの立派なトリュフ。香りも最高でした!思いっ切りスライスして入れちゃいました

こんな贅沢なキッシュ、いったい何方が食べれる事になるのでしょうか?
食べれるのは、今週6日の日曜日まで。数量限定です
もし残ったら?・・・ご心配なく。当然翌日7日月曜日の娘の弁当で持たせます(笑)

トリュフと生ハムのパスタキッシュ
パイ生地を敷いた型にはめ焼き上げる前の具材を混ぜ込んだ段階がコレ!パルメザンチーズ(パウダー状)もタップリ絡めその上より濃厚な味わいになる様にゴルゴンゾーラチーズも粗めに千切って混ぜ合わせてます

トリュフと生ハムのパスタキッシュ
完成!トリュフと生ハムのパスタキッシュ。娘の弁当行きかな?(笑)

▲このページのトップへ戻る

無農薬ホウレン草と人参のキッシュとトリュフサラダ

秩父に住む義姉の松本さんの畑から届いた無農薬ホウレン草と人参でトリュフ入りのキッシュを焼き上げたところこれが大好評!

同じく義姉から届いたサニーレタスとグリーンリーフ、そしてタルタルソースで和えたパスタと共にトリュフサラダに仕上げ贅沢なワンプレート盛を作ってみました

キッシュとサラダのプレート

▲このページのトップへ戻る

2011年1月28日 猪睾丸のポアレ

佐藤君から送られてきた猪の睾丸を輪切りにしポアレしてみました。ソースは赤ワインをこれでもかって云うほど煮詰めて作った甘酸っぱいジビエソース。焼き加減はもちろん中はレアで。料理場で撮ったのでこの写真では、旨さが伝わらないのが残念ですが、佐藤君が言っていた様に凄く食べやすく鶏の白レバーに近い味わい味わいで本当に美味しかったです。次は何時食べれるのでしょうか?また食べてみたいです

猪睾丸のポアレ

▲このページのトップへ戻る

2011年1月27日 天然猪の睾丸

昨日、コンセプトのVSの仲間達でも紹介している元メンバー群馬の佐藤君から天然猪の肉が届きました

肉以外にも内臓や超希少部位の睾丸も一緒に送られてきました。佐藤君に感謝です

睾丸は、高橋観るのも初めて。余りにもレア過ぎるので興味のある皆さんにも観て頂きたく睾丸の廻りの脂肪や薄皮(膜)を剥いて一昼夜血抜きをした下処理後の写真を撮ってみました

佐藤君の話では、レバーに近い味だがレバーより癖がなく食べやすいと云う事なので薦めてもらったカットしてステーキの様に焼いて食べてみたいと思います

群馬産 天然猪の睾丸
携帯と比較してみるとその大きさが判りますよね。右上のピンク色の濃い部分は精巣ですね。レア食材です

▲このページのトップへ戻る