二子玉川 フレンチ ワイン ヴィエス

トップ > 過去のお知らせ > 伝説のトマト
二子玉川 フレンチ ワイン ヴィエスのメイン画像

過去のお知らせ

2009年5月24日 伝説のトマトが手に入りました

数年前から、噂にだけ聞いていたトマト
遂に手に入れることが出来ました。

多摩区菅生にある矢澤君の実家の畑で採れた実が締まって
ズッシリ重く(一つが200グラム有りますからね)、
食べ応え十分の確りしたトマトです。
昨日、お嬢さんの運動会だったにも拘らず、
矢澤君のお母さんがわざわざ届けて下さいました。

「矢澤君て誰?」という方もいますよね。
当店のHPにも番外イベントでの食事シーンでも紹介していますし
http://www.taka-vs.com/top/event_after/957.html
その活躍ぶりは、
陸上に興味の無い方でも名前だけは聞いた事があるのではないでしょうか。
今年の箱根駅伝の一区で区間賞を取る活躍した
息子の高校の先輩早稲田大学の矢澤曜君
です。

息子から、聞いていたんです。このトマトのこと。
何度も「矢澤先輩の家のトマトは、マジで旨い!」と。

何度か矢澤君の家から差し入れがあり
当時の多摩高陸部ではチョッとした伝説になっていたトマト。
トマトや野菜の旨さなんて、
比較対照や経験値があってこそある程度判るものだと思っていたので
まだそんな事(旨い不味いの嗜好ではなく素材の良し悪し)
考えて食べてる筈も無い
当時高校生だった息子のその言葉に興味心身だった私。
「どんだけ旨いんだろう」と。

早速、頂きましたよ。赤く熟しているのに
実の締まり方は、昔使ったことが有る「桃太郎J」という
トマトを想い出させる硬さ。
田舎に住んでた子供の頃食べたトマトの味がする。

噂通りのマサに「伝説のトマト」でした。

待ってましたよ。こういうトマト。
重かったろうに、運んで下さったお母さんに感謝します。
その気持ちに報いる為に出来ることは、美味しい料理を作って
お客様に喜んで頂くことが一番ですよね。

これを更に美味しくする為に
当店の魔法のお酢でピクルスにしちゃいましょう!
その他折角なので、ブイヤベースも作っちゃいましょう!


矢澤君、矢澤君のお父さんお母さん本当にありがとうございました。
自称矢澤曜親衛隊々長のVS高橋(笑)、
VSのお客様に喜んで頂けるよう命一杯頑張らせて頂きます。
そして、矢澤君も陸上の方も頑張って下さいね。
何時もタダの後輩の親父の分際ながら我が子の事の様に
矢澤曜を応援しています。

矢澤トマトを食べた方も食べれなかった方も
皆さん是非、矢澤曜君の今後の活躍にご期待下さい。

菅生 トマト
これが【伝説の矢澤トマト】です

▲このページのトップへ戻る

ガスパチョ

コレが、伝説の矢澤トマトで作ったガスパチョです。

フルーティなのにトマトの旨味がギッシリ凝縮された濃厚さを兼ね合わせたスープです。

ガスパチョ
写真で何処までこのスープの美味しさが伝わるのでしょうか?

▲このページのトップへ戻る