二子玉川 フレンチ ワイン ヴィエス

トップ > 過去のイベント > 番外(多摩高50期)
二子玉川 フレンチ ワイン ヴィエスのメイン画像

過去のイベント

定休日の番外イベント 2009年4月6日(月)ディナー

定休日に番外イベントを開催しました(大袈裟ですけど)。

20時より「仔羊の食べ比べと古酒ワインを楽しむ会」
北海道産の純粋サフォーク種(焼尻島で有名ですね)とオーストラリア産のドーセット種のジゴ(もも肉)を食べ比べながら
4種類の古酒とその他ワインを楽しんで頂きました。
ジゴは、2種とも骨付きの丸ごとダイナミックに焼き上げましたから
食べ応え充分。と思いきや7名様の参加ながら完食!
感想は、サフォーク種の方が柔らかいけど仔羊食べてるって味わいは、
ドーセット種の方が有るとのご意見でした。
サフォーク種の方が値段が3倍以上という事を考えると、ドーセット種の方がCPは断然良いですよね。
比べてみると色んなことが見えてきますし、教えられます。
ご参加頂いたお客様、平日にも拘らずありがとうございました。

この日は、もう一つのメインイベントがありました。
この春、関西学院に進学した息子が高校時代にお世話になった部活の先輩達(1学年上)と「浪人組の大学合格と今年の箱根駅伝で活躍した矢澤曜君のお祝い」を兼ねて18時にVSに集合!(当然息子はいません)
私も楽しい一時を過ごさせてもらいました。
その模様を皆様にも是非、お裾分けです(笑)。
観るだけで楽しい気分に浸って下さい!

ちなみにメニューは、
トリュフの炊込みご飯
仔羊もも肉を丸ごと1本ダイナミックロースト
仔羊カレー
の3品でした

正木中川
皆より1時間早く来てもらった料理担当は、正木(右)と中川 この春から、はれて大学生です。おめでとう!「大学合格したら絶対連絡しろよ」と言った高橋ですが、正木がまさか本当に連絡くれるとは思わなかった。だって正木にとってはタダの部活の後輩の親父だよオレは(笑)。普通ありえないよなぁ、そんな関係。だから凄く嬉しかった。ありがとう!しかし数日後「正木からは連絡あったのに、オマエからまだ報告来てねぇぞ!」と脅しにも似た文章で中川の携帯にメールしたタダの後輩の親父は誰でしょう(笑)

卵
トリュフの炊込みご飯の登場です!長山(左)中澤(右から2番目)の笑みに釣られてか珍しくクールな伊藤も笑ってる貴重な映像です(笑)。多摩高のキムタクこと長山は2年間駅伝の時、息子の付き添いしてくれたんだよね。後輩の付き添いなんてホントは嫌だったと思うし、ましてやウチの息子だからね。先輩の中で長山の事だけ息子が「大志先輩」と名前で呼ぶのも親しみがあるからだと思います。お世話になりましたありがとう。

早稲田 矢澤
ご飯を混ぜる係りは、多摩高校始まって以来、後にも先にも100年に一人の伝説の男スーパーエース矢澤曜 まさか大学入った1年目から箱根で区間賞を取ってくるとは!当日残り1キロチョッとのところで高橋も応援してたけどまさか目の前をトップで来るとは思わなかったモン。イヤ~~凄すぎ!でもね矢澤の凄さはそれだけじゃないの「曜、オレが応援してたのわかった?」って訊いたら「だから、あそこからスパートしたんじゃないですか!」って嘘でも嬉しい。そういう偉ぶらないところが素敵だよな矢澤は。息子が憧れてたの解る

仔羊ジゴ フレンチ
仔羊焼きあがりました!漫画でしか観た事が無いような巨大な骨付き肉にご満悦の田中(左)と諸富(真中)長山 物静かな田中ですが熱く語りだしたら田舎の暴走族の如く止まらない!との情報が息子から入っております(笑)。田中のお母さんは今ではVSの常連の一人。何時も沢山の友人を連れてきてくれます。感謝感謝!他のメンバーも田中のお母さんを見習うように家に帰ったら親に伝えろよ(笑) 

仔羊ジゴ2
最初に肉をカットするのは、勿論料理を担当した二人。正木はホントきびきびしてるし、頭がキレるのは話してて解る。息子の代には居なかったタイプ。コイツの存在が陸部の雰囲気を変えていったと思う。中川も一番最初(一昨年の暮れ)にVSに来た時一言も喋らなかったんじゃないかと思うほど寡黙なヤツと思ってたけど一緒に下拵えしてる時に結構喋ったし素直で真面目よ。そして行儀が良い。これから大学生活楽しんで下さい。勿論勉強も確りね(笑)。

仔羊ジゴ3
次は、諸富がカット。諸富は、3年前入部したての息子にお古のシューズをくれたんだよね。息子が嬉しそうに「先輩に靴貰った」って言ってたの何時も思い出す、ありがとね。でも正直云うと「高橋は最初、一番苦手(嫌い)なタイプの後輩だった」って(笑)。その諸富も今じゃ中央法学部。弁護士になってくれないかな?ヤッパ弁護士に知り合いいるのってなんかの時に心強いモンね。賢い諸富のことだから解ってるよね?その時の先行投資の一環としてオレが飯奢ってるの(笑)

伊藤君
ある程度肉を食べ終え、骨際やスジなどをカレーにぶち込むのは、息子の天敵伊藤君(笑)。伊藤君は真面目って位真面目だもんキチンとしてないヤツは許せないよね。親父同様ちゃらんぽらんな息子とは好対照だからね。最初バチバチだったみたいだけど今じゃ息子も「最後は、一番仲良かったのは伊藤先輩だった」って言ってる位だし、親父のオレも「息子の天敵伊藤君」なんて会う度に洒落いえる位だからホントよかった。最後に息子が落ち込んでた原因聞いた時、普通なら「ザマアみろ!」だよね。ホントに嫌いなやつだったらね。でも息子の気持ちを察して同じ位アタマ来たってオレに云ってくれて、それだけでも親父の気持ちは救われた。ありがとう。

カレー
カレー登場!時間が無い中で作れるなりに中川が最高に仕上げてくれました。

骨
骨にしゃぶりつく中澤(手前)と伊藤 中澤は、顔つきに品があるからこういう事しても様になるオレが知る限りの現役も含めた多摩高陸部のメンバーの中で一番上品なイメージ。お里が知れちゃう高橋家とは大違い(笑)。早稲田の建築科は課題が多くて大変そうですが、遊ぶ為に大学行く訳じゃないからね。確り学んで金持ちになったら自分の設計した店を高橋の親父にプレゼント(施工代も含めてね)して下さい(笑)。

プレゼン
いよいよお開きが近づき、正木が代表し矢澤に箱根で活躍した事へのお祝いの品(オリジナルTシャツ)が渡されました。ついでに(笑)私にもワインのボトルをイメージした瓶を頂きました。こういう気遣いがこの代にはあるので嬉しいです。頂いた瓶は、お酢入れにでも使おうかな?お洒落だし。ホント彼ら全員礼儀正しいのには感心する。

和光 渡部
帰り間際になって調理場に入ってきて羊の骨をむさぼる渡部。この代というか多摩高陸部はこの男がいてこそ息子達が卒業するまで良い雰囲気で部活ができたのだと思います。昨年の全国大会行きを決めた丹沢湖で始まる前から息子が走り終えるまでオレの側で色々な事をずっと話をしてくれたので非常に心強かったです。コイツは、器が違いすぎ。きっと将来どんな仕事についても大成すると思う

多摩高
多摩高50期陸部長距離9名 たぶんコイツらは全員出世する。息子が引き合わせてくれた縁といえ、自分の息子以外にも自分をワクワクさせてくれる彼等と出会えたこと本当に感謝。これからも各々活躍して、タダの後輩の親父ですがオレを楽しませて下さい。

多摩高
渡部が中心になり、正木という参謀がいて、存在感抜群で凄いくせに謙虚で偉ぶらないスーパーエースの矢澤がいて、頭良いのにニコヤカで周囲から見守ってくれる諸富・中澤・長山がいて、寡黙ながらしっかり陰で支えてくれる田中・中川がいて、天敵の伊藤(笑)が締めるトコ締めて。従来のガチガチ陸部を変える為にオマエらが作り上げた雰囲気の中で部活動が出来た息子は幸せだったのではないかと思います。昨年、念願だった全国大会に行けたのもオマエらが作り上げた雰囲気の賜物。彼らの存在した歴史が無くて多摩高の全国出場なんて在り得なかったと思います。オマエらが先輩じゃなかったらウチの息子は、1年のときで潰されてたか自爆してたかで終わってたと思います。本当に親として感謝してます。今度奢ってやる時は、約束したよな!全員彼女つくって(相手がいれば誰でも良いわけじゃなく写メしてコイよ。高橋の親父の厳しい容姿チェック有(笑))矢澤が箱根で優勝&区間賞取る事!(矢澤にプレッシャーかける心算は無いけど、そんなプレッシャー誰でも味わえる訳じゃないんだから、頑張れ!曜!オマエは皆の夢や期待も背負ってんだからね。誰でも背負えるモンじゃねエゾ!怪我だけは気をつけてな!)

▲このページのトップへ戻る

定休日の番外イベント 2009年4月6日(月)ディナーおまけ①

ワイン会のお客様と一緒に記念写真 こういう事にも気楽に応じてくれるのが彼らの素敵さの一つです

多摩高

▲このページのトップへ戻る

定休日の番外イベント 2009年4月6日(月)ディナーおまけ②

最後は、悪乗りして高橋も参加。でもこんな時でも伊藤君だけ笑ってません(笑)自称早稲田の矢澤曜ファンクラブ会員NO.1&矢澤曜親衛隊々長の特権です(笑)。全国の矢澤ファンの皆さん「ウチの曜チャン」に会いたい方は、VSに是非ご来店下さい。運が良ければ遇えるかも(笑) コイツら9人とは息子の部活の一つ上の先輩とその後輩の親父という不思議な関係ですが「まんざら悪くない」というか「羨ましいだろ!」って自慢したいような感じ。今は、曜にしかスポットライト浴びてない様に見えるかもしれないけど必ずオマエら全員が大人になったらスポットライトバシバシあたる時が来るから命一杯良い男になる様に頑張れ!そして、他人の親父のオレをトキメかせろ!息子と同じ位オマエらの将来に期待してる!この後、後片付けが夜中の1時45分まで掛かった高橋でございました。 

多摩高 矢澤

▲このページのトップへ戻る