二子玉川 フレンチ ワイン ヴィエス

トップ > 過去のイベント > 2010年冬
二子玉川 フレンチ ワイン ヴィエスのメイン画像

過去のイベント

2010年 トリュフ料理の一例

寒くなりいよいよトリュフの美味しい時季になって来ました

ナンでもこの冬はヨーロッパは、異常なほどの大寒波でトリュフの産地の地面が凍りついてしまっている所が多く、結構品薄状態みたいです

しかし、二子玉川の意地っ張りフレンチのVS(笑)は、へこたれる訳には行きません。当店でトリュフを食べる事を冬の楽しみの一つにされているお客様が沢山いますからね

そんな時ほど、意地っ張り見栄っ張り強情っ張りの本領発揮です(笑)
2月には、恒例のトリュフのイベントも企画しておりますが、とにかくトリュフが食べたくなったら是非、VSまでご連絡お待ちしております

トリュフパスタ
VSの定番 最高な贅沢トリュフパスタ

トリュフ
トリュフコースメインの一例 仔鹿と鶏のロースト

トリュフ
山盛のトリュフサラダ

トリュフ
鶏の冷製ロースト フレッシュトリュフとトリュフの蜂蜜

金華豚 トマト
金華豚のロースト トリュフサラダとフルーツトマトのゼリー寄せ

キッシュ
ポルト酒煮の牛蒡とトリュフのキッシュ 

▲このページのトップへ戻る

アラ汁仕立ての野菜タップリブイヤベース

やってみたい。作ってみたいと思いながら、中々その機会がなかったスタイルのブイヤベースを念願叶って初登場する事が出来ました

何時ものVSのブイヤベースは、煮詰めて魚介の味を凝縮させ濃厚なスープに仕上げるのですが、今回は逆

軽くオーブン焼きしてから煮込んだ(煮る時間は20分程度)真鯛のアラ(2匹分)とザク切りにした白菜&キャベツそして大根おろし(大根は丸々1本分)など野菜をタッブリ使い、そこから出た水分と甘味出たスープに何時ものブイヤベーススープを加えたアラ汁仕立てに仕上げました

今回お客様にまずは、具材だけでお楽しみ頂き、その後残ったスープは「おじや」にしてお楽しみ頂きました

写真は、大きな鍋で10人前です
大量に野菜を使う事でスープの味が美味しくなるので人数が集まらなければ滅多にお出しする機会はないと思いますが、思った以上に味わいが好く出来たので折角ですから「アラ汁仕立てのブイヤベースを楽しむ会」をやってみたいと思います。次回は3月9日(火)に作ります。一緒に楽しみたい方は是非、スケジュールを空けておいて下さいね。ご予約お待ちしております

野菜タップリのブイヤベース
鍋に山盛になるほど野菜を使います。こんな感じになるまで煮込と丁度良い味に仕上がります。今回は、ホウレン草もあったので仕上がる直前に加えて見ました

あら汁仕立てのブイヤベース
鍋の底には真鯛のアラも隠れています

ブイヤベースおじや
残ったスープは、ご飯を入れておじやでお楽しみ頂きます

▲このページのトップへ戻る